◇値が一致したら転記する

【1】マクロ名

マクロ名を決めてください記号、空白、先頭の数字は不可

【2】転記元の範囲を設定

転記元のシート(例:Sheet2)

転記元の左上セル(例:A2)

転記元の右上セル(例:D2)

最終行まで値があるセル(例:B2)

 

転記元が上のセル範囲の何列目かを入力してください

条件がある列(例:1,2)

値がある列(例:3,4)

【3】転記先の範囲を設定

転記先のシート(例:Sheet1) ※1必須

▼複数のシートで実行する

転記先のセル範囲 (例:b2)

左上セル (例:a1)

右上セル (例:d10)

最終行まで値があるセル(例:B2)

【4】転記先

↑転記先のセル範囲↑の何列目かを入力してください

条件がある列(例:1,2)

値を入れる列(例:3,4)

▼列方向に複数回、転記処理をする

下の列の間隔で右方向に転記を繰り返す

(例:条件となる伝票番号が1列目と5列目にある場合→その差の4を入力)

 


※注意事項
アプリで発生した損害の責任は一切負いません